糖尿病でも諦めない|サプリを飲めば改善できる

糖の吸収を抑えるもの

錠剤

糖の代謝を上げるもの

重度の糖尿病の場合は、病院で処方してもらった薬を飲むのが賢明ですが、糖尿病の予防や予備軍の場合は、サプリを飲むことによって改善が可能です。薬のように副作用を心配する必要もないため、長期的に安心して飲めるのがメリットです。では、どのような糖尿病サプリを選べばよいかというと、大きく分けて3つのタイプがあります。1つ目は、糖の吸収を抑えるタイプで、サラシノールやカプサイシン、DHA、EPAなどが主成分のものです。2つ目は、糖の代謝を上げるタイプで、ビタミンB1やアミノ酸の一種であるALAなどの成分が配合されているものです。3つ目は、抗酸化作用のあるタイプで、ビタミンEやベータカロチン、アスタキサンチンのような成分が配合されたタイプです。特に、糖の吸収を抑えるタイプと糖の代謝を挙げるタイプのサプリは効果が高く、このどちらかをメインのサプリとして、抗酸化作用のあるサプリや免疫力を高めるサプリを、サポートサプリとして摂取すると良いでしょう。そして、どのタイプのサプリにおいても、安全な原材料を使用し、無添加で信頼できる製法で作られているものを選ぶことが大切です。海外の製品は、日本で規定されている基準とは別のルールで作られているものもあるため、海外製のサプリの場合は、特に製法や原材料に注意して選びましょう。サプリで血糖値を改善し、糖尿病予備軍から脱出することも可能なので、自分に合ったものを選び、飲んでみてはいかがでしょう。

服用

抗がん作用がある

フコイダンは、抗ガン作用やコレステロールや血圧の低下、抗ウイルス作用などの健康効果のほか、抗酸化作用や便秘解消、ダイエットなどの美容効果もあるため、注目されている成分です。サプリはもちろん、化粧品やヘアケア製品にも配合されています。

婦人

冷え症と低体温は違います

冷え症と低体温は同じようで違うのをご存知ですか。冷え症とは指先など体の末端が冷たくなり、低体温は体の深部が冷えている状態のことを表します。どちらも、生理痛や胃腸のトラブル、免疫力の低下など、体の負担になってしまいますので、運動や食事など色々な角度から体を温め、血行を良くする意識を持つことが大切です。

女の人

配合量が1グラム以下

EPAサプリは、EPAとDHAの配合量が1グラム以下で、ビタミンEなどの酸化を抑える成分が一緒に配合されており、安全性の保障されたものを選ぶのがポイントです。生活習慣病を予防したり、アレルギーを予防するなど、健康や美容に多くの効果があると評判です。