糖尿病でも諦めない|サプリを飲めば改善できる

  1. ホーム
  2. 冷え症と低体温は違います

冷え症と低体温は違います

婦人

血行促進と体内の温め

女性の中には、冷え症を自覚している人が少なくないとおもいます。冷え症と言えば、手足の先がつねに冷たく、家の中でも厚着をしている、そんなイメージですよね。冷え症の人は体温も低いと思われがちですが、実はそうとも限らないんです。冷え症というのは、やはり手足など体の末端の冷えがある状態のことを表しています。指先が冷えていて、寒く感じるので、家の中でも靴下が欠かせない、そんな人は冷え症であることが多いようです。体温を測ってみると、35度〜36度台と意外に普通の体温であることが多いです。一方、低体温の場合は、指先など体の末端が冷えてしまうというよりも、体の内部の温度、いわゆる深部体温そのものが低くなっている状態のことを表しています。一般的には、深部の体温が35度以下になってしまうと、低体温と診断されます。もちろん、冷え症と低体温、どちらもあわせもっている人もいるでしょう。冷え症は部分的に冷えを感じるので自覚しやす一方、低体温は体の深部の冷えということから自覚していないという人も多いようです。冷え症、低体温、どちらも体にとっては負担になってしまいますので、自覚している場合は血行促進、体を内外から温めるなど、対応が必要です。女性の場合は、生理不順や生理痛、胃腸のトラブルなどの影響があります。体温が低い場合は、免疫力が低下し風邪などにかかりやすくなってしまうことも多いので、運動や食事など色々な角度から体内を温める意識を持ちましょう。